スポンサーサイト

続きを読む >

人間交差点

「人間交差点」原作:矢島正雄 漫画:弘兼憲史夢や希望あふれる漫画ではない。しかし、生きる力、それでもあきらめない何かを与えてくれる漫画である。初めて読んだのは高校生の時。弘兼憲史を知ったのはこの作品だった。後に「課長島耕作」がヒットするが、「人間交差点」があまりに強烈だったため、「課長シリーズ」は全くと言っていい程興味がなかった。ビックコミックオリジナルに連載していた。毎週、読み切りであるため、「...続きを読む >

吉田秋生

吉田秋生の海街diaryシリーズ「蝉時雨のやむ頃」、爽やかな絵に惹き込まれて購入した。鎌倉が舞台。母が男と駆け落ち、父は女をつくって何処か遠くへ行き、残された姉妹たちが明るく暮らしている。ある日、父の訃報を聞く姉妹たち。そして、腹違いの妹・すず(中学生)が姉妹たちのところへやってくる。父が亡くなったため、同居するとこになった。悲惨な状況でありながら、その悲惨さはない。印象に残ったシーンがある。すずが姉...続きを読む >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。