FC2ブログ

スポンサーサイト

続きを読む >

愛はおしゃれじゃない

20数年前のことだけれど、夜中にある音楽番組を見ていたときのこと。ゲストに岡村靖幸と永井真理子が出ていた。女性司会者が若手アーティスト二人に質問をした。「自分は天才だと思う? イエスかノーで答えてください」永井真理子は、ちょっと躊躇したふうな表情で、「は、はい。イエス!」と答えた。「すんなりと自分を天才と言い切ってはどうなんだろう…、視聴者にどんなふうに思われるのか」、それとも、「自分は天才かどうか...続きを読む >

2016年卓上カレンダー

今年も、猫村さんの卓上カレンダーにお世話になります。(ちょっと、可愛すぎるけど、まあいいか)今回は、猫村さんのシール付き(でも、使う用途がない…)。猫村さんは「猫」なんだけど、猿に扮していて、猫なのか何なのか分かりづらいですね。...続きを読む >

久しぶりの更新

しばらく前にブログを更新しようとログインしたところ、認証コードが必要になったと表示されていた。不正ログインが相次ぎ、それを防ぐためだと。理由はかわったので、あれやこれや試したが、いろんなことでなかなかログインできなくなり、もうブログなんてやめてしまおうかとあきらめていたが、なんだかんだやっているうち再びログインできた。なんだかしらけてしまってこのまま閉鎖でもしようか思ったが、更新しようという意志が...続きを読む >

2014年4月4日のブログ

・3月に読んだ本 あるときの物語(上・下) ルース・オゼキ 早川書房あるときの物語(上)(2014/02/21)ルース・オゼキ商品詳細を見るあるときの物語(下)(2014/02/21)ルース・オゼキ商品詳細を見る・イラストレーターの安西水丸さんが、先月亡くなった。 安西さんの脱力系の絵が大好きだったので、もう見られないなんてとても残念です。本当に悲しい。さて、最近、職場のPCがWindows8に替わりました。「8」は、扱いづらくて大変...続きを読む >

2014年1月を振り返る

2014年1月に読んだ書籍など・「リトルピープルの時代」宇野常寛(幻冬舎)・「叶えられた祈り」トルーマン・カポーティ(新潮文庫)・「歌うクジラ」(上、下)村上龍(講談社文庫)・「天使たちの野合」木下古栗(群像2014年2月号掲載)・考える人2014年2月号(新潮社)いつも同じ夢にうなされる人は、その夢を映画に見立て、もし自分がシナリオライターならどんな結末を選ぶのかを考え、脚本を書くといいらしい。...続きを読む >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。