スポンサーサイト

続きを読む >

2014年1月を振り返る

2014年1月に読んだ書籍など・「リトルピープルの時代」宇野常寛(幻冬舎)・「叶えられた祈り」トルーマン・カポーティ(新潮文庫)・「歌うクジラ」(上、下)村上龍(講談社文庫)・「天使たちの野合」木下古栗(群像2014年2月号掲載)・考える人2014年2月号(新潮社)いつも同じ夢にうなされる人は、その夢を映画に見立て、もし自分がシナリオライターならどんな結末を選ぶのかを考え、脚本を書くといいらしい。...続きを読む >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。